月光楽房

紡ぐ音の徒然、憂いながらもその煌きに魅せられた日々の軌跡

失言

操作される謝意

倖田“不適切発言”7日フジTVで謝罪
歌手の倖田來未(25)がラジオ番組で不適切発言をしたとして、7日、フジテレビの報道番組「FNNスーパニュース」(後4・53〜)に出演して謝罪する。生出演ではなく、事前に収録した映像が放送される。


 一見したときに「収録ぅ?やる気あるのかなぁ?」と思ったけど、恥の上塗りでまだとんでもないことを口走る可能性があるから結果として懸命な判断だったかもしれないよね。

 仕事で外出しているのでわざわざ番組の予約録画をしました。
 ・・・物好きだなぁ→自分

 これで一旦の解決と収束ということで三月くらいから少しずつ活動を再開していく方向なんだろうね。昨今のみそぎとしては相当な大騒ぎにもなっただろうし、何よりも世間ももううんざりしているころだろうから。

 いくら少しばかり歌が上手くても、人様の前に立つにはあまりにも常識がなかった娘だったことがわかった。まぁ、こんなのが芸能界にはウヨウヨなんだろうけどね。

そして火達磨

倖田失言余波、テレビ局広告界に飛び火
歌手の倖田來未(25)が先月のラジオ番組で「35歳をまわると羊水が腐ってくる」と失言し、ホームページ(HP)で謝罪した件で、倖田が出演する「キリンチューハイ 氷結」のCM放送が当面自粛されることが4日、分かった。また、7日放送のテレ朝系「徹子の部屋」は、倖田の活動自粛を受け、局では延期を決定。
余波はテレビ局にもおよんだ。テレビ朝日ではこの日緊急会議を開催。すでに収録済みで、7日放送予定の倖田が出演する「徹子の部屋」の放送延期を決定。「倖田さんが活動を再開された際に、改めて放送させていただきます」とコメント。オペラ歌手の島田祐子が出演する分と差し替える。日テレは2日の「恋のから騒ぎ」、フジテレビは3日の「新堂本兄弟」に倖田が出演していたが、予定通り放送。フジにはこの日「なぜ出すんだ」など100件を超える批判があった。

先日の日記でも触れたんだけど「馬鹿な姉ちゃんだなぁー」と思いはしたんものの、ここまでの余波があるとは思わなかった。
裏返せばそれまでの人気を物語っているのかもしれない。

関連する記事やブログを読んでいると、ちらほらと擁護の意見もみかける。
■たった一言の失言でここまでイジメなくてもいいのではないか?
■表現に誤りはあったものの、高齢出産の危険性を示唆したかっただけでは?
■こんな馬鹿なところも可愛いんだじゃないか?
等等。

いささか少々痛々しくはなってきたものの、公共の放送で発信するのはあまりにも不用意な内容であることに加え、この番組は生放送ではなく録音であったことを考えると本来波及すべき責任の所在はこの歌手だけに留まらない筈ではないかと思った。

倖田來未には気の毒ではあるが、こうしたことはこの際大きく糾弾されたほうが良いと自分は考えている。

過激や低モラルは喉元を過ぎると慣れてしまう傾向がある。
風紀とはそうんな風に腐敗していくものだと思う。
刺激を求めていくうちに鈍感になっていき、本人は気持ちいいかもしれないが、本来の感覚を持った人には苦痛意外のなにものでもない筈だ。
どちらがマイノリティなのかそのうちわからなくなってしまう。

とかく投げっぱなしの言葉を発信する傾向にある芸人などは、こうした抑止力を目の当たりにし、少しは考えるべきだろう。

果てしない常識の欠落1

倖田來未“羊水腐る”発言で活動自粛
 歌手の倖田來未(25)がラジオ番組で「35歳を過ぎると羊水が腐る」と発言、抗議が相次いだため1日、ホームページで謝罪した。先月30日に発売したばかりの新作アルバム「Kingdom」のプロモーション活動は全面自粛する。
 問題となったのは、1月30日午前1時から放送されたニッポン放送の特番「倖田來未のオールナイトニッポン」。パーソナリティーの倖田が冒頭で「35歳ぐらいをまわると、お母さんの羊水が腐ってくる。(結婚したマネジャーに)できれば35歳までに子供をつくってほしいなという話をしたんです」との趣旨の発言をした。同局には「不快な思いをした」「不適切な発言」などの抗議がメールで約40件、電話で数件寄せられたという。
 倖田は「皆さまに不快な思いをさせてしまったことを心より深くおわび申し上げます」と謝罪。収録済み分を除いて、2日からテレビやラジオへの出演を当面控える方針。ニッポン放送も「配慮を欠き、誤解を招く放送をしたことをおわびするとともに深く反省いたします」とのコメントを出した。

 

 まぁ、馬鹿もここまでくればご立派。

 昨今の芸能人コメントが多少他人を傷つけてもインパクトがあれば目をつむってでも容認している方向がある。抗議や指摘があればとりあえず謝罪。しかし、後から後から同様の失言騒ぎがあることを考えると少しも反省(他の芸能人の失敗を踏まえた)がなされていないように感じる。

 教養などは個人によって程度の差は勿論あるだろうけど、こういった一般常識の範疇のものは公共の媒体を通して発信する立場の人間は持ち合わせていることが必須だろう。というか少し考えれば問題あることも判るとは思うのだが。

 この歌手は『エロカワ』など言われキワモノ扱いされているわりには歌唱力もボチボチあって見直していたところでもあったので本当に残念である。どんなに歌が上手でも人間的に激しく落伍しているのであれば魅力は半減だ。

 まぁ、チャーリー・パーカーもモーツァルトも決して人間的に褒められたもんじゃなかった筈だが(同列に並べるのは乱暴か^-^;)、容認されたのには圧倒的な才能があったからかもしれない。正しいかどうかは別としてそういうことなのだろう。彼女に後世語り継がれるほどの価値があるかどうかは今後大衆が決めることなのでなんとも言えないけど( ´_ゝ`)ノ
ADMINISTRATOR
ACCESS COUNTER
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご来場有難うござますm(__)m

月別アーカイブ
TWITTER
FAVORITE MUSIC
COMMENT
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
MY NEWS COMMENT
にほんブログ村
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ