月光楽房

紡ぐ音の徒然、憂いながらもその煌きに魅せられた日々の軌跡

仕事

Save Me1

なんか今週は仕事を通じて人が傷付くのを見る機会が多かったなぁ。
お金貰ってやってる事だから厳しいのは当たり前のなんだけど、同じ人間同士が対峙して始まるワケだから、そこには常識を逸脱しない程度の気遣いは最低限あっていい筈だと思うんだよね。
Queen
1980-01-01

もやもやと。
心の中にあまり良くない感情が燻っている時。
フレディの歌とブライアンのギターで涙のデトックスをさせてもらうとしましょうかね。

鬼の棲む家1

気持ちとしては既に我慢の限界には達している。
今の運用保守の常駐先、チームは最高なんだよね。
色々なベンダーから管理者クラスの精鋭がかき集められ、新人も驚く程のポテンシャルを持っている。
しかも、まぁ、みんな仲が良い。休日にも関わらず多くのメンバーが集まってイベントに参加したりしている。
つまり。
常駐先の、いわゆるシステム利用者が最悪なワケ。
自分達の資産であるシステムの運用に関して、発売元である我々に任せきり。丸投げ。

あーだこーだ文句も多い。
服装一つとってもクレームを入れてくる。
無茶苦茶な要求を無茶苦茶な期限納期で押し付けてくる。
精鋭が集められた意味がわかったよね。
糞野郎共のタズナを引くにはそれなりの戦士が必要だったワケだ。
正直言うとテラうんざりしているからね。
放り投げたくもなる。
しかし、ここが間違いなく今闘うべき俺の戦場なのだから。

明日も頑張りますかね。
続きを読む

遠くで汽笛を聞きながら1

最早、怨み節以外のなにものでもないのだろうけど。

ただ我武者羅に会社の成長を願って文字通り身を削って、時には危ない橋を渡りながら。

挙句、身体を壊してお払い箱。

暫くの間は過去の栄光なんていう神通力も多少通用したりもしたけど、今となっては面倒臭い古株だくらいにしか思われてなきだろうな。

それでも食べて行かなくてはいけないからね。
会社にしがみ付いている俺。
屈辱なんてもう枯れた。
自尊心なんてもう枯れた。

俺が護っているのは家族だけ。
後輩社員の懲罰の件。
俺は俺なりの情報を以ってして念頭しなければならないことを忠言したはず。
それでも強硬姿勢で明日行うのであれば、もう何も言うことはないけど、責任も持てない。
勝手にやればいい。

もう俺の裁量などてどうにも出来ないのだという見せしめのつもりでもあるのだろう。

もう会社に対する愛など無い。

月曜物語2

ただの月曜日ではないな。
月初め。
ここから半ばまで月次報告というドキュメント作成に追われることになる。
眠剤がいい感じに効いてくれたので若干まだ眠いけど割と心地いい目覚め。

確かに寝過ごして怠けていたい。

仕方ない。
いってきます。

奢り

人を育てるなんて幻想だ。
成長は本人の自覚と資質によって成し遂げられる。
2014-10-30-21-44-53

恫喝とかなどもっての他。
自慰行為でしかない。

そんな厚顔無恥な自信家をメクジラたてて攻撃するのが、かつての自分。

恥ずかしい。
触らず静観。
暴力が介入した時は流石に止めるだろうけどね。

そんなこんなで身近で繰り広げられているこの茶番を静観。
気が向いたら続編アップです。

もう少しで職場

浜松町。

昨日のダメージが激しくのこっていて、ギリギリまで欠勤しようか迷ったけど。
頑張って出勤。
マジで具合悪い。

通勤電車で体力が削られるよね。
今日みたいな日は湿気が凄くて不快感MAX!
2014-05-01-08-13-12

さて。
うだうだしてても仕方ないのでいきますよ。

閑話休題

職場全景と職員食堂。

午前中は新人の教育。
午後は部下の始末書の検証及び添削。明日の幹部会でのお詫び報告準備となる(^^;;
月一の幹部会で、終了すると午後は半休を取るのが常なのだが、明日は新人教育の続きがある為に帰れない。ま、順調に進めば16時くらいに引き上げるつもりだが。

さて。今週は土曜日出勤に加えて週明けも外せないので今日は早く帰ろう。

画像1


画像1

不安は山積

体調はあまりおもわしくない。
さすがに次入院したら仕事クビになるだろうな。
そろそろいい加減気を付けなきゃいけないなぁ。

今の仕事、やっぱりさすがにきついみたいだ。
会社は調子にこと言って俺の体調気をつけてみたいだけど、だったらこんなきつい現場何とかして欲しい。
まぁ所詮会社なんてそんなもんだよね。

結局頼れるのは友達だとか、そしてやっぱり家族だよね。
もういい加減嫌気がさしてるよ。

季節を彩る小さな匠

ブログネタ
日記 に参加中!
毎度楽しみの週末です。
というよりお休みが楽しみなだけですけどね。

諸般の情勢やら事情やらで現在はルーティンをこなす毎日。
いずれ戦略的な動きを求められる時もくるかもしれませんが、今のところは平和を楽しんでいます。
仕事の話ね。

なので目下気持ちはプライベートに重点がおかれているところ。
そんな毎日も決して悪くはないのです。

何度か紹介しておりますが、職場は病院関連の施設です。
敷地内にはかなりの本数の桜が植樹されております。
毎年、春のお楽しみです。



液化酸素タンクとのコラボレーション。斬新でしょ?(笑)



6分〜7分咲きといったところなのでしょうか。今年の桜も綺麗です。



院内通路にはこうのような桜のアーチがあり、満開時には咽ぶような見事な風景を見せてくれます。

ここ数年は業務の関係でここの桜を見逃してしまいましたが、今年は存分に堪能できそうです。

出会いの春。
別離れの春。
邂逅する季節に身を任せながらも、気持ちだけは明るく持っていたいものです。

ちょっと恵比寿まで・・・

これから恵比寿まで出かけてきます。
会社との打ち合わせ。

最終確認していた筈の業務内容を変更してきた会社。
・・・勿論、基本はつっぱねます。でも話くらいは聞いてあげようかなと。

戻りは14:00前後になる予定。

今日から九月ですね。
入院してから半年が経過。
・・・
年末に今年を振り返ると停滞というイメージになりそう。
心は既に黄昏。秋の気配です。

復帰への最終確認

ブログネタ
お仕事日記 に参加中!
本日は午後一番より復帰後の業務についての最終打ち合わせ。

復帰後は客先で常駐の業務になるので客先責任者との顔合わせ。
・・・つまり面接。
変な話、この責任者に嫌われるとNGなんだわ。

今までは面接する側だったので緊張したね。

客先というのは・・・病院。
southcenter_20080731181145_003
Powered by PICS


southcenter_20080731181145_004
Powered by PICS


かなりデカイ。
つまり責任者は医者だよ

かなぁり気難しい人でね。
この面接だけでNGをくらった技術者もかなりいるらしい。
・・・
結果はとりあえずOK。

後輩が副責任者で先にアサインしているんだけど、病気がちだったり家族の事情で勤怠状況が著しくない。
つっこまれたのはこの点かな?
後輩といっても役職上は自分の部下にあたるので、管理者としての責任を問われることになったのよ。
・・・船出から波乱万丈です。

southcenter_20080731181145_002
Powered by PICS

southcenter_20080731181145_001
Powered by PICS


横浜港北地区にある病院(解る人には解っちゃうかもね^-^;)なんだけど、駅から向かう途中にこんな建物が。
結婚式場かな?
メルヘンです。

8/11からの勤務になる予定。
来週は一週間かけて旧来のお客様へお別れ挨拶行脚です。

大切なものは何ですか?

ブログネタ
大切なものは何ですか? に参加中!
【livedoor共通テーマ】←たまには利用してみよう

今は『家族』『音楽』。
少し前までこれに『仕事』が入っていたかな?

仕事・・・勿論大事だけど『大切』ではない。
ニュアンスが少し違う。

しばらくそんな自分で良い。

老兵は死なず・・・1

久々に事務所へ出勤。
社用マシンの設定整備。

 営業に於ける自分の後任の女の子の他にインターンの娘が増えていた。
 医療の『い』の時も判らない後任者。折角自分が出勤しているのに何の質問もない。
 「必要がない」とも言わんばかり。舐められたもんだね。

 もうここ(事務所)は自分の居場所ではないと実感。
 ・・・
 もういいや。新しい現場でそれなりに頑張るだけ。

 部下にも久しぶりの顔合わせになった。
 色々と近況を聞くが、大分紛糾しているようでもあった。
 そんな話を聴いても後任者はなんだか涼しい顔。おいおい、本当にお前大丈夫かよ?

 余分なことを気にするのはもう辞めよう。
 健康にも悪いしね。

技術研修終了1

ランドマークタワーと金属オブジェ
2008年7月3日撮影
みなとみらい駅からクイーンズスクエアを抜けてランドマークタワーへの入口。
不思議な金属オブジェ越しに見るランドマークタワー。

昨日、本日とみなとみらいで次の現場に関する技術研修が行われ参加してきた。
とはいうものの、実際は同時に投入される新人部下四人のお目付け役だ。

内容的には四年以上も携わったアプリケーションなので特筆するものがなかった。
むしろインストラクタの説明内容に不十分さを感じてヒヤヒヤするくらいのもの。

既に三年程別のプロジェクトで部下として働いていた後輩が現場に先行して投入されている。
今回は夜間勤務を担当する新人の研修が目的。

・・・
なんだか先が思いやられる。
自分が人事から退き後任が選考した人材なのだが、業務を全くしらない担当なので説明が不充分。
投入された新人四人は雑駁な説明しか受けておらず、昨日及び本日の説明で目を丸くしていた。「こんな難しいことやらされるんですか?」「楽な業務って訊いていたのに」。
・・・
あげくの果てには「実際はそんなたいしたことはないんですよね」とナメてるんだか現実逃避しているんだか。
いやいや、それよりも恐れ入ったのが「分からなければ夜中にも憂月堂さんへ連絡していいんですよね?」・・・はぁ?なんでそこまでしてやんなきゃならんのだい。
・・・まぁ、倒れる前まではそんなことしてたんだけどね。

会社も本当に俺の業務をナメてるよな。こんな人材をよこして。
まぁ、育てるのも役目なのかもしれないけど、基本的にそうしたフォロー役を罷免されたと思っていたんですけどね。
それなりの対価を貰わないともう出来ませんよ?

みなとみらいの帆船
2008年7月3日撮影
以前から気になっていたのだが、この帆船は一体なんなんだろう?

昨日の帰宅後すぐに会社に対して報告がてら少し苦情のメールをしたためる。
・・・未だ返答なし。ナメてる。
現場に面倒くさいことは任せて楽する魂胆だな。
今までは俺がやってきたけど、今度はその俺が現場に行くもんだから俺にやらせようって腹かい。
・・・
流石に俺もそこまでお人よしじゃないよ。今回はきっぱり突っぱねさせて頂きますよ。

なるべく反感を抑えようとしていたんだけど、もう限界。
今後はしっかり主張させてもらう。自分の身体が大切だしね。
実績として身体も壊しているし、未だ色々な変調をきたしている。

しっかりと仕事はしますが、対価以上のことはもう勘弁させてもらいますわ。

RISE AGAIN

RISE AGAIN : THE RANKIN FAMILY

生命の起源に対する質問を子供達がその存在を以って説明したように、その理由は朝日の摂理や潮の満ち引き、木々を揺らす風のように確か。そして私達は清々しい朝に覚醒し、広々とした海原で覚醒し、緑がむせぶ森の中で覚醒するのです。

この入院沢山のモノを失ったり損なったりしてしまった。
入院前の到達点でさえ順風満帆ではなかった。幾度目かのリスタートの末辿りついたのだ。
幾度目かのリスタートだからこそ、自分に残った時間はそんなにはないからこそ必死だった。
無茶もした。際どい選択もした。
・・・
落とし穴は思いがけないところだった。

代償は自分が考えていたよりも遥かに大きかった。間抜けな話である。
その分のリスクヘッジもしていたつもりだったんだけどね。

一からのやり直し。こんなこと(入院)もあったもんだから今回に至るまでのリスタート時より士気も落ちているから条件は悪いけど(年齢もあるしね)また歩き始めるしかない。
生きていかなくてはいけない。生活していかなければいけない。遊びじゃないんだから。
仕事ってそんなもんだからね。

黙々と少しだけ無理をしながらまた始めるしかないだろう。
(もう極端な無理は馬鹿馬鹿しいから)
もう一度歩き始めよう。

飛び込む前の不安

IF : United States Air Force Band

最近、大量にこのUnaitedStatesAirForceBandの音源を入手する機会があったので色々な曲を聴いている。
軍人さんのビッグバンド・・・上手いっ!
先日の日記でもアップした曲もTromboneフューチャーなんだけどエラく上手いのよ。かっこいー!


社会復帰先となる取引先現場の情報が入る。その他諸々の業務連絡と一緒に。
担当責任者は相当に厳しい人らしい。今までにも何人かNGで担当営業が交代させられている。いずれも瞬間的なミスを取り上げられてのもの。
どんなに気をつけても穴はあるからね。それでもほかされてもたまらないんだけど・・・お客様は神様ですから。
正直自分もそんなには自信がない。NGをもらう可能性は多分にあるワケだ。
ま、それならそれで仕方ないんだけどね。
そんなところに配置転換した会社の責任ということで開き直ってますよ(笑)。

その担当責任者は勤怠にも煩いようなので、復帰までにしっかりと体調を戻さないといけないな。

COMO SERA

COMO SERA : GUACO
Amazonas

それがそうであるように、それらの苦痛の中で清めんがために砂塵に穢れるのは何故なのか、そしてそれらが広い海の形をしている凡庸を思うのはどうしてだろうか

私がその広い海の岩の、および時間を備えたそれらの名前を書きたい理由。それこそは私たちであり、幸福な瞬間の記憶


最近、疲れた時は専らこの曲。元気を出すためというよりは明確な現実逃避。低調な時に無理に頑張っても結果は出ないというのが持論(やんなきゃなんない時のほうが多いんだけどね)。

"GUACO"はパワー・サルサもこなせばこういったバラーダも聞かせてくれる本当に叙情溢れるユニットだと思う。


疲れた。
・・・
といってもようやく週末を迎えただけで、物事は何も解決はしていない。
何の事かと言えば・・・仕事のこと。つまらん。

いや、別に仕事が人生の総てなんかでは決してないけど、責任ある年代と立場にあって拘束されてしまうことは已む無しだとは理解しているつもりなんだよ。

部下の不祥事、取引先の無理難題、上司の圧力。誰もが誰もの立場や言い分など考えない世界。そんなところで身を削って生活費を稼ぐ。まぁ、誰もが同じことをしているワケで、自分だけが世界中の不幸を背負ったような馬鹿を零すつもりはないんだけどね。・・・やっぱり疲れるわ。

二十歳そこそこ・・・とは言わないまでもあと十歳程若ければ転職も考えたかもしれない。・・・あ、あと独身だったらねwww。
何よりも守るべき家族があるからなんとかやってられるって話。

あー、どうしようもなくイラつく。
連日にわたる馬鹿どもとの凌ぎあい。鬩ぎ合い。

とりあえず週末だけは忘れていたい。


色々と嫌になることを列挙していったらきっとキリがなくて、それらは人との触れ合いによって生かされている限り内在するリスクなのだと思う。だけれども引きこもって総ての接点を絶ち生きていくことなど出来るワケないし、それこそ意味の無い回避であり逃避なのだと思う。

傷ついて、消耗して、切り売りするような消耗の対価が真っ当な生活であるのだとすれば、すべきに値する自傷なのだろう。

それがそうであるように。

ツいてないー

土曜日なのに出勤。
ツいてない。

カイリー・ミノーグの『I Should Be So Lucky』の間逆。
『I Should Be So UnLucky』ですな。


おかげでバンドのリハを欠席しざるを得なかった。
選曲についての大事な話もあったようなんですけど・・・。
他にも諸々と気がかりなこともあったし、是非出席したかったんだよね。

こころのうつろい1

人員配置調整で直前の変更が数件重なり奔走している。
本人の了承をとり、宿宿と準備を重ね、確定までもう少しだった。
具体的には本人の配置転換拒否。
一度了承をしてからの心変わりである。

各々の契約を曲げてもらうことになる経緯なので強制力がなく、希望は受け入れざるを得ない。

しかし、打診のさいにもごり押ししたわけでもない。
土壇場での撤回は無責任窮まりない。

こんな連中に頭を下げてお願いししなければいけないのも事実である
なさけない。
ADMINISTRATOR
ACCESS COUNTER
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご来場有難うござますm(__)m

月別アーカイブ
TWITTER
FAVORITE MUSIC
COMMENT
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
MY NEWS COMMENT
にほんブログ村
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ