月光楽房

紡ぐ音の徒然、憂いながらもその煌きに魅せられた日々の軌跡

人間関係

変遷

本来であればコンスタントに継続したいのがバンド活動。
しかしながら社会人バンドマンとして正常化された生活があってのものだと俺は考えているのだ。

これまでに何度かの節目と遭遇する中でその活動を休止せざるを得なかった。
あるものは頓挫し、あるものは継続が叶った。

数少ない継続のケースこそがこのblogで活動報告をしてきたバンドである。

今回の転機は二度目の入院である。
しかしながらバンド活動の継続に対して思案するようになったのはその直前なので直接原因ではなくちょっとしたトリガーに過ぎない。

進退については未だ迷ってはいるものの、ここまでお世話になった場所だからね。
筋を通した決着が責務だ。

決着。
意思の表明。
タイミングもさることながら、そもそも機会が与えられることさえも保証などない。

仮に退くことになったとしてもバンドは何事もなかったかのように動いていくだろう。
それでいいと思う。
誰かが俺の責務はなんなく代行するだろう。
このバンドを紹介してくれた恩師が去った時、実際は死活的なダメージがあったにも関わらず、なんとなく補填策が施し納まったのだから。

寧ろ、活動の限界を感じるトリガーとして自分の中ではこれ以上ない喪失ではあった。

去就を検討する上でどうしても無視できない課題はある。
前述した恩師への面目だ。
紹介者としての面子を潰してはならない。
正直、自分ではやれるところまで頑張った自負はあるものの、それを決めるのはあくまでも遺された者達の評価である。

やり残していること、やりたかったことはまだまだある。
しかしその試行には賛同と総意としての明確な目的意識が必要とされるのだ。
この部分を主張することは調和を乱すことになり不要な軋轢を引き起こす。
・・・
そしてそれは不用意に自分の膝元で起こってしまっている。

どこかのタイミングで一度顔を出して判断の材料にしたいと思う。
続きを読む

決別と邂逅

バンドのメンバーが袂を分かつ時。
よくコントなんかで使われるような音楽的方向性の相違なんてあまり無いと思う。
コミュニティの結束に亀裂を生じさせる原因は感情の縺れ。人間関係の歪み。
今まで幾度となく目の当たりにしてきたし自分自身も経験してきた。

かなり昔に所属したバンドで。

今考えれば「あんなに馬鹿にされたような目にあってよくあれだけの期間在籍したものだ」と
我乍ら関心するというか情けなくなるというか。

ほんの僅かな例(1〜2人)を除いて当時のメンバーとは正直言って顔も合わせたくない。
大人気ないかもしれないが時間が経過するにつれて怒りが込み上げる。

モラル無き交流関係。
歪んだ価値観と優劣。
あるべき常識は崩壊し唱えられた非常識が伝染し蔓延し常識へ変わっていく。
そして最も我慢ならないのはその非常識に麻痺して染まっていくこと。
前述した信じられなくも在籍が続いたのはその麻痺のせいである。

受けた屈辱は忘れられるものではないのだ。
だからこその決別でもあるのだから。
時間は何の解決への慰みにもならない。

先日のライブ(2010/07/04)で件のバンドの元メンバーと偶然の再会をした。
幸い、自分の中でそれ程許し難い存在だった者ではなかったので心中は穏やか。
自分が離脱した後もそのバンドは継続していて現在に至っていることを聞いた。
勿論、その間には紆余曲折もあり一時は断絶の危機もあったとのこと。
恐らく当時のメンバーの殆どはおらず、バンドとしては別物だろう。
流石にそれ以上の感情は無く「へぇ〜」という感想しかなかった。

決して彼ら彼女らを許す日など来ないだろう。
しかし忘却という精算の元に消えて行く日が来ればいいと思う。

先日、話題に出した恩師や親友も恐らく耐え難い屈辱と哀しみに苦しんだことだろう。
関係性が何もなかったかのように復元することは絶対に無い。
今もきっとその傷が疼いているに違いない筈だ。

今彼らを苛むその痛みが新しい音楽活動という邂逅が癒してくれることを願ってやまない。

不肖の教え子であり親友である自分が及ばない力故、手助け出来ない歯痒さを感じながらも
遠くない痛みを知るからこその気持ちを送りたい。

辟易に負けるなっ1

あー、いけないなぁ。
かなぁりうんざりしている。

 事柄事態は些細にして他愛ないことではあるんだけど
 自分の基準の中では充分に人を区分けしてしまう出来事が発生。

 元来、自分はすぐに人を嫌いになってしまう人間だと思う。
 結果、内在する重症な人間嫌い
 表面的には全力で取り繕う八方美人・・・面倒くさいねwww

 なんだか自分だけが空回りして、放って置いても勝手に解決していたんだけど
 すっかり気分的には振り回された感覚。
 言いたいことはたんまりあるんだけど、衝突や収拾が面倒くさいので結局沈黙。
 ・・・
 こんなことしているうちに自分を制御できなくなって破裂しないかも心配。

 自分の居場所を確保しておく為に自分を黙殺することなど慣れているつもりだし
 当然のことなのだと思ってはいるんだけど
 「そんなの関係ない」とばかり思いのまま振舞う人間に翻弄されるのは激しく不快。
 自分に正直なことが美徳としてもてはやされるのであれば、自分がされても傷つかなければいいのに
 そういう人に限って自分が受けることに関しては異常に過敏だったりするもんだから
 結果こっちは気を使ってばかりになる。
 ・・・
 あーーーーーっ!
 馬鹿馬鹿しいっ!

 なぁんか激しく憂鬱になっちゃったよぉー。

 鬱々とはしていたけど、朝の出勤前に少しだけ嬉しいことがあったよ。
 拙宅でいきつけのドッグカフェWithDog』で以前働いていたお姉さんと偶然再会。
 パンジャ様を凄く可愛がってくれて、家族みんなが大好きなお姉さんです。
 わざわざ後ろから追いかけて来てくれて「あー、パンジャくんのパパぁ〜〜♪」と
 声をかけてくれました。
 地元には殆ど知り合いもいないので、こんな風に人と出会えること事態も嬉しいし
 凄く会いたい人でもあったので本当に嬉しかった。

 ・・・
 とりあえず小さな幸せを大切に抱きしめて前向きの姿勢を取り戻さないといけないなぁ。
 今日から夫婦でダイエット大作戦を開始です。パンジャ様ばかりに強制は出来ませんからね。

距離感

んー
少し低調かなぁ。
力みすぎても良いことはないので、自重も含めてテンションを落とそう。
というより、関心を外ではなくて内に向けることかな。
それもまた有意義ではあるしね。

 人との関わりはスリリングで楽しい反面、衝突のリスクも孕んでいる。

 人恋しくなれば外との付き合いに温かみを求めたくはなるんだけど
 しがらみの発生で鬱陶しくなってしまうのはきっと身勝手だろうけど
 ・・・
 無理していれば傷は深くなって、居場所を失うことにもなりかねないから
 危険を察したところで適当な距離を取る。
 愚かしくも年齢を重ねることで身に着けた知恵。

 正に今がそんな時。
 しかも結構タイムリーに気がつくことが出来ていると思う。
ADMINISTRATOR
ACCESS COUNTER
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご来場有難うござますm(__)m

月別アーカイブ
TWITTER
FAVORITE MUSIC
COMMENT
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
MY NEWS COMMENT
にほんブログ村
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ