月光楽房

紡ぐ音の徒然、憂いながらもその煌きに魅せられた日々の軌跡

母、来訪5

土曜日(2017/04/16)は愚母が拙宅を初めて訪問。
お義母さんと結婚前の挨拶以来の顔合わせとなった。

これは決して両家の間に確執などがあった訳ではなく、互いに偶然にも放任であったり、何よりも本人達はもとより親同士が面倒臭がりだったからである。

それが今回のお義母さんとの同居を機会に愚母が「息子を宜しく」などと挨拶したいという名目で遊びに来たという経緯。
image

愚母が振舞ってくれた寿司。
普段はあまり口にするものではないので有り難く頂く。
image

温野菜のチーズソースかけと生ハム。
生ハムの下に敷いてあるのは山葵菜。
家内の得意としている料理らしい。
image

玉葱と豚バラ炒め。
こらは肉食である自分対策ということか。
image

お吸い物はお義母さんが作ってくれた。
お酒の合間のチェイサーに丁度いい優しい味であったり。
image

デザートはベリーのケーキ、レアチーズケーキ、苺とキウイフルーツ。

衰えはしたものの大食漢の自分も些かキャパシティオーバー。

互いに和やかな歓談で結構な長時間を楽しく過ごせたのではないかと思う。

ただひとつ残念なのは、この怠け癖によって生じてしまった空白の期間に自分と家内の父親が他界してしまったこと。

しかしながら無類の酒好きだった二人ではあるから、きっと向こうで盃を交わして交歓していることと思う。

伝えたい言葉と、曲げられない想い1

今更ながら、しかも重ねて。
改めて想う『主張』の奥深さと難しさ。

ひいては『信念』『信条』というものにも言及することにもなるのだろうが。

意志と意義を込めた言葉は自ずと正面を持ち、その角度に於いては少なからずの共感を得ることになるだろう。
言うまでもなく反面は摩擦や衝突を生む。

聞き心地の良い言葉とは謂わば多面体、または球体のようなもの。
平等かつ多様に反射し前述の負要素を回避できるが、その輝きは大きく失われるであろう。

支持を獲得するためには負要素のリスクを度外視した魅力ある言葉を発信しなければならないのかもしれない。

求心力のある言葉には様々な要素があるのだが、総じてそれらは香辛料のような刺激ではないだろうか。
反論や逆説、攻撃的な表現は高揚を演出し扇情的な効果を醸すのだ。

生物が誇るべき能力の一つに『順応』がある。
刺激とは外圧であり、言い方を変えれば痛覚に訴えた歪曲した快楽という錯覚である。
故にどんな斬新を備えた言葉もいずれ『慣れ』によって無味無臭化していくのだ。

発信者は更なる効果を求めて言葉を紡ぎ、受信者もまたその刺激の増幅を願い求める。

そもそもがブレイキイーブンの匙加減を感覚値で手探りしつつ辿り着くのがプロパガンダなので、いく末とは過激の極みである。

さながら激辛カレーの至極を追い求めるマニアみたいなものではないだろうか。

かく言う自分も、そうした教条と扇情に満ちた言葉を求めて鬱屈した探索に耽る日々があった。

言葉の洪水で相対する主義主張を押し流すのに勝利を模した快楽を貪っていたのかもしれない。
※といいつつ、この文章自体が既に夥しく冗長化してはいるのだが。

伝えなければならないこと。
どうしても譲れないこと。
それを『主張』とするのであれば、そうした手段手法も已を得ないかもしれないとも思う。

時には誰かを傷つけたりすることもあるかもしれない。
時には誰かの憎悪を煽って対立と敵対を創り出すのかもしれない。
それらを避けることは本懐から目を逸らした妥協を受け入れるという卑劣なのかもしれない。

本当の意味で大切な人の心に寄り添うということは、そうした痛覚を与えることを恐れない気高さと唱える諸兄もおられる。

結論として。
残念ながら自分はそこまでは開き直れないのである。

多面体、球体の優柔不断をフレキシビリティとして解釈したいのは虫のいい話なのだろうか。

対決に至って、ステゴロで殴り合い、浜辺でお互い寝転んで「お前、なかなかやるな」と称え合うのは、どうも漫画の世界にしか無いと思えてしまうのだ。
人が本気で殴り合えば命を落としかねないように、衝突による決裂はそのまま決別になってしまうことのほうが安易に予想できてしまうのだ。

最新の注意をはらうこと。
言葉を磨いて角を落とすこと。
自分の中に確信を抱けるまでは続けたい作業である。

FM-TOWNSの想い出5

えっと…畏れながらヲタクなお話しをば。

貼り付けたCM動画の富士通社製品であるFM-TOWNSは自分が初めて購入したパソコンである。
※今から30年以上も昔のお話しです(笑)

当時の富士通はMシリーズに代表されるメインフレームやKシリーズなどのオフィスコンピュータといった開発ユースのコンピュータが主流で、辛うじてFM-Rシリーズというハイエンドユーザー向けの機種を販売していたものの、NECの98シリーズに大きく一般向けシェアで遅れを取っていた。

そこで満を辞して発表されたのがこのFM-TOWNS。

周囲の主流がまだ16ビットの時代に、つい最近まで採用されていた32ビットCPU(クロック係数は大体最高40MHz😓)を搭載し、当時はまだ珍しかったCD-ROMが実装された。

こんだけの鳴り物いりですからね。
値段も凄いことになりました。
プリンタと何故か別売りだったキーボードを併せて価格は500,000円也‼︎
当然月賦となりましたが、購入した時の喜びは言い表せません。

とまあ、ここまでは「なんのこっちゃ⁉︎」「お前の話はつまらん‼︎」となるでしょう。
…ごめんなさい🙏▶️この後に別段面白くなる訳でもありません(・・;)

本当はこのマシンについてまだまだ語りたいことは沢山あるのですが、取り敢えずここまで。

このCMに出演した南野陽子嬢とはこのパソコンが発売される二年前に会ったことがあるのです。

彼女のドラマに於ける出世作になるのではないかと思われる『スケバン刑事』の第一回撮影が自分の母校で行われ、当時大会を控えていた自分の部活と代わり番こで体育館を使うことになったのです。

その時に見た南野陽子嬢は小さくて可愛くて同じ人類とは思えなかったのを鮮明に憶えております。

アイドルには全く疎かった純朴少年(笑)の自分は、仲間から伝え聞いた嬢の名前を聞き「え?南田洋子?」と大声で盛大に間違えてしまいました😅

運悪く真後ろにいた嬢。
「南野陽子です‼︎ どうか憶えて下さいね‼︎」とニッコリ笑って握手してくれました。

まだ放置されている実家の自分の部屋には前述のFM-TOWNSがあり、電源を入れればまだ稼働します。

たまに帰省しそのFM-TOWNSを見ると嬢の輝くような笑顔と柔らかな掌を思い出します。

はい。
一体なんの話だったか支離滅裂でございました(笑)

あの日1

おはようございます。
東京は見事に愚図ついた空模様で、今にも降り出しそうなのを首の皮一枚で踏みとどまっている状態です。

昨晩は『月曜日の尋常ならざる倦怠感』を回避する為に20時には就寝するという小学生並みの品行方正さを以って臨んだにも関わらず、今朝も例外なく「仕事行きたくない」病に苛まれる始末。
どうやら睡眠時間はあまり関係なかったようです。

「あの日」から六年たった土曜日ではありましたが、まだ記憶が鮮明を保ってることをして未曾有の衝撃であったことを改めて想うのとともに、被災され命を落とされた方のご冥福と、未だ避難生活を余儀なくされている方々の一日も早い救済を改めて願うところです。

六年前の「あの日」に混乱と混沌に溢れかえった新橋駅はまるで何もなかったかのように、今朝も気怠いサラリーマン達がチラホラと一日の始まりを粛々とまっとうしています。

日常とは危うい均衡の上に成立してることを受け入れ感謝しながら送るものなのだと寝惚けた頭で考える朝でございました。

今週もどうか宜しくお願い致します。

正義という安直にして都合の良い暴力の大義1

一部のネットユーザーを騒然とさせている事件である。

被害者はやはりネットで話題に上がり一部の人気を得ている人物なのだが、このムーブメントについては快く感じてはいないなで詳細を割愛したいと思う。

確保術とは特別な訓練を以ってして扱える技能であり、素人が行えば自他の負傷はまず避けられないと言って差し支えない。

末席を濁したに過ぎないながらも武道に世話を受けた自分の見地からしてもその持論は揺るがない。

拳で顔面を殴り合って「つぅ…お前、やるな」などと悠長な展開を期待出来るのは漫画の中だけだ。

本気でブン殴れば人間はいとも簡単に卒倒し、割と呆気なく命を落とすことにもなる。

止む無く抗戦しなければならなくなった時には対峙した相手と自分にそうした大きなリスクが課せられることを忘れてはならない。

まずは回避が何よりも大切。
逃げればいい。
逃してあげればいい。
その可能性を突き詰めて模索すべきである。

不運にも亡くなられてしまった今回の被害者も止まれない理由で暴力にうったえ、その結果、暴力によって命を失うことになったのである。

お互いが回避か、それ以前に解決に向けた尽力がなされなかったのだろうかと惜しむ気持ちで一杯である。


馬鹿にするな1

※今回は投稿範囲を大幅に制限しております。

「知った人だけは絶対得する」
「早い者勝ちで得できる」
「やった人だけが得できる」
とか言って、やたら勿体ぶって関心を煽ってる人がFacebookでも目立ちますが…あれってなんなんですかね?

そうそう
中には時々、「人生かわるから」なんて大仰なのもあるよね。

実はFacebookとは別のSNSでの出来事なのですが。

自分が闘病中であることに触れたら早速接近してきて
「そんな貴方の不便な生活が一変しますよ」
「人生変わりますよ」
「やったもん勝ちですよ」
「早い者勝ちですよ」
なんて、まさにテンプレート。

どんな凄いことかしれないんだけどね。
自分の病気は主治医や看護師さん、その他栄養士さんとか技師さんたちが手間暇かけて保守をしてくれてるものなんだよね。

さらに言えば、家族までもが色んなものを犠牲にしてまで支えてくれてるものなんだよね。

それを会ったことも、問診したことも、読影や検査結果の経過観察もしたことがない、ましてやその取り組みさえも勉強したてであろう半端者に分かったふうに十羽ひと唐揚げにされるのは自分はいいとして、前述した人達への冒涜と蹂躙だ。

もしあのやつらの招待をご存知でしたら教えて欲しい。

かまってちゃん

脳梗塞などの重篤な循環器疾患を回避する為に激昴するのは一日三回までと自戒している。

職場の新人に「かまってちゃん」というか「自己憐憫」が強いというか…とにかく面倒臭い輩がいる。

何か一言注意すると「でも僕はこう思って」「しかしこの場合は」「いえ、僕もそうは思ったのですが」「逆にこの場合はそうするべきだと思ったので」と15倍くらいの言い訳が帰ってくる。

今朝も空気の入れ替えで窓を開けていたら…
「寒いので閉めていいですか?」
「いいよ」
と普通はここで終わるところを
「いや寒くて寒くて」
「自分、ちょっと風邪気味でして」
「これでコートまで着ると仕事がしずらくて」
案の定、申し開きが怒涛のように押し寄せてきた。

「うるさいっ!! いいって言っただろ!! グダグタと一体何が言いたいんだよ!!」

今日の1回分を使ってしまいました(笑)

Promise in the history1

出逢いがあって
決別があって

悔いて省みたり、憎しみを掻き立て忘却に帰そうともしたけど
刻まれた自分の道程の中でそれは改竄の叶わぬ事実

呑みこんで受け入れるには
あまりに今は鮮度が良すぎて
感傷を擽る薫りが鼻につく

天命知命を迎え、迫り来る老いの鈍痛が齎す不快感に耐えながらのこの試練は些か残酷な運命と噛み締める

不義理として
裏切りとして
やむを得なかった過失として
過去に沈めてしまうのは
もしかして安易にして然るべき嗜みなのかもしれない

それでもこの先
まだまだきっと平坦ではない路を歩むのであれば
この苦渋を能動的に味わいながら歩みを進めるのが実直であろう

閉ざされない限りは
前を向くことは許されている

【Music】Promise in the history
【Player】浜田麻里

北のあたりに

四季を駆け抜けて辿り着こうとしている起点。

短い秋は恐らく瞬きをする間もなく過ぎて冬がやってくる。
あまりにも慌ただしく、あまりにも騒がしかった期間も過去の忘却となっていくのだろう。

寂しくもあるが、それ以上の安堵に委ねることのほうが自分らしい。

あの白き頂の積雪に総てを埋めて、もう1度改めて歩き始めよう。

【Music】Near Northern
【Player】Barbra Higbie Quintet

Literty

決別さえも屈辱に塗り潰されたこの夏。
来年、思い出すのだろうか。
いや。
それよりも。
満たされていた季節がこれからやって来る。
寧ろ、その回想こそがこの胸を掻き毟るのだろう。
放棄する事で得た自由とは思考する不安を齎した。

なんちゃって(笑)

ぼけーっとしてる時に口ずさんでしまう曲の1つだったりします。
充実した1日を過ごし、一息つきつつ湯船で歌ってしまおましたよ。

明日からまた新しい一週間が始まりますね。
張り切ってまいりましょう!!

【Music】Liverty
【Player】鈴木雅之

独り呑み

なんだかんだ…まだ気分は滅入ってしまう

呑んで誤魔化すことが増えたかもしれない。
image

虎の威を借る愚者

ネットに転がってる有識者の見解が掲載されている記事を引用して、さも自分が言った気になって賢しげに振る舞う方。

メッセンジャーで話していても「〇〇先生はご存知?」「〇〇教授が素敵な事を仰ってたの」など。

「結局、あなた自身はどのようなご意見をお持ちでしょうか」と煮詰まった頃に何度か訪ねたところブロックされました。

「あるある」か「ほんこわ」か微妙ではございますが😅
image

季節は決別の記憶さえも塗り潰していく

決別さえも屈辱に塗り潰されたこの夏。
来年、思い出すのだろうか。
いや。
それよりも。
満たされていた季節がこれからやって来る。
寧ろ、その回想こそがこの胸を掻き毟るのだろう。
放棄する事で得た自由とは思考する不安を齎した。

なんちゃって(笑)

ぼけーっとしてる時に口ずさんでしまう曲の1つだったりします。
充実した1日を過ごし、一息つきつつ湯船で歌ってしまおましたよ。

明日からまた新しい一週間が始まりますね。
張り切ってまいりましょう!!

【Music】Liverty

ガセガワの暴論1

ガセガワがまたなんかホザいている位なら黙殺なんだけどね。
もう独りよがりなガセやヨタでは済ませられない内容。

どうせ知り合いの医師(しかも個人繋がりでエキセントリックかつ狭い視野の)から聞いた言葉を咀嚼もせず未消化のまま吐き出した程度なんだろうけど。

人工透析を必要とする腎臓疾患を新歓コンパの急性アルコール中毒呼ばわり(まぁ、アルコール中毒も深刻であり迅速な治療を必要とするのはいわずもがな)で無思慮で辛辣な括りをしているあたりは育ちが知れる。

倫理的な問題で移植医療が西欧諸国は愚かアジアの中でも遅れている我が国にあって人工透析治療は縋る藁のようなギリギリの治療であること。
たとえそれが生活習慣に端を発していたとして、ましてや小児患者を代表とする先天性の場合などは特に強制的な治療中断によって自らの生命を断絶する事で罪を悔い改める必要などは絶無だ。

本当に。
こいつは一体ナニ様なのだ。

元アナウンサーだかなんだか知らないが、アンカーとして自分が読んでいた原稿が血肉になっていると大きく勘違いした低脳の言うことを間に受ける程、大衆とは愚かではないとは思うものの、こうした輩がメディアの普及を借りて暴言を撒き散らすのが苦々しくてたまらない。

毒舌という取り扱い要注意アイテム1

ガセガワがまたなんかホザいている位なら黙殺なんだけどね。

もう独りよがりなガセやヨタでは済ませられない内容。


長谷川豊氏についての記事


どうせ知り合いの医師(しかも個人繋がりでエキセントリックかつ狭い視野の)から聞いた言葉を咀嚼もせず未消化のまま吐き出した程度なんだろうけど。


人工透析を必要とする腎臓疾患を新歓コンパの急性アルコール中毒呼ばわり(まぁ、アルコール中毒も深刻であり迅速な治療を必要とするのはいわずもがな)で無思慮で辛辣な括りをしているあたりは育ちが知れる。


倫理的な問題で移植医療が西欧諸国は愚かアジアの中でも遅れている我が国にあって人工透析治療は縋る藁のようなギリギリの治療であること。

たとえそれが生活習慣に端を発していたとして、ましてや小児患者を代表とする先天性の場合などは特に強制的な治療中断によって自らの生命を断絶する事で罪を悔い改める必要などは絶無だ。


本当に。

こいつは一体ナニ様なのだ。


元アナウンサーだかなんだか知らないが、アンカーとして自分が読んでいた原稿が血肉になっていると大きく勘違いした低脳の言うことを間に受ける程、大衆とは愚かではないとは思うものの、こうした輩がメディアの普及を借りて暴言を撒き散らすのが苦々しくてたまらない。



矮小

「半端もんが語る」
友人の名言を拝借。

逃げを打つようでもあるのだが、枕に自戒を鎮座させておく。

自己憐憫はその甘味を知る程、深く人格を蝕んでいく。
前進の試練に耐えられなくなると回顧に美化された日々に酔い痴れるのだ。

省みる事は無く、批判に対する耐性は絶無。
癇癪を恐れた周囲の賛辞によって陳腐な自尊心を辛うじて維持するだけだ。

自分をあたかも神格化して語るのはそんな虚栄に満ちた虚無を維持する慰みである。


老い

経年と経験が常に豊かな実りを齎すわけではないのは承知。
達観と思い込んだ盲目、頑なで寄せ付けない厄介な観念を産み育ててしまうこともしばしばに思われる。

種は十人十色だ。
成功に酔い痴れた過去を忘れる事が出来ず見失ってしまった虚実の軋轢が結晶化したもの。
卑屈ながらも実直に重ねた成果を盲信してしまうがあまり、変革に対して過敏に否定で防御してしまう自我の淀み。

いずれも外圧による変化は殆ど望めない。
悪しくも熟成された信念は生涯貫かれる。

貪欲に研鑽を重ねるマイノリティとは長らくそうした姿勢を保つ訓練をしてきた者だろう。


暴走

充実感に駆られ衝動のままに勇み足する若者に、かつての自分を垣間見てしまうので諌めるなどの無粋はしないのだが、その滑稽さについつい赤面してしまう。

勝手に納得した大義を振りかざし疾走するのは爽快だ。
その勝手に背負った負荷さえも選民ゆえ与えられた試練として受け止めればとてつもない快感を得られる。

この状態は経年で収束するとは限らず、邂逅と同等な衝撃を経験することでなされる。
その衝撃とは挫折ではないだろうか?
その挫折を以てして自分が牽引していたと思っていた時事が実は後押しされていたこと、そしてまた自分の存在とは突出から俯瞰していた大勢の一部に過ぎないことに気付くのである。

歪で滑稽、そして攻撃的な振る舞いを遠目で静観しながら自らを省みる。


定期通院報告5

毎月の定期通院&三ヶ月に一回の諸検査mission complete‼︎

本日のメニュー。
■心臓エコー
■心電図測定
■胸部単純X線撮影
■血液検査
■コア度チェック(血液凝固度測定)
■診察
流石に疲れましたよ。

普段はソリが合わず不快指数のvoltageを上げてくれる生理検査技師のオバちゃんが何故か愛想が良く、なかなか幸先のいいスタートが出来た。

血液検査以外の所見は診察時既に完了していたようで「ここ数年安定している」と主治医の見解。
安心した。

「加齢による機能低下は想定内だが、より心臓への負荷を軽減する為に来月から新しい薬を試したいと思います」とのこと。
その薬は血糖値調整剤なのですが…痩せる効能があるそうな。
…な、なんだってぇ〜〜っ‼︎
そんな素敵調剤が存在するの⁈
剤名を聞けなかったけどそんなものがあるなら今月から処方して欲しかったんだけど、今日の血液検査の結果を見てから検討したいらしい。

まぁ、何はともあれ思いの外の高評価に一安心です。


Even though easier to once give up.1

It is not to fail If you do not have hope. 
Worry there is no fear when no longer. 
There is no disappointment if fun is vanishes.
You is not so necessary.
ADMINISTRATOR
ACCESS COUNTER
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご来場有難うござますm(__)m

月別アーカイブ
TWITTER
FAVORITE MUSIC
COMMENT
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
MY NEWS COMMENT
にほんブログ村
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ